新しい子育ての方向

オトコの子育ての主人公・矢島篤(高橋克典さん)は、妻子がありながら家にも寄りつかない遊び好きでいい加減な無責任男です。

しかし、妻の急死により子供の面倒を見なくてはならなくなりました。今までは完全に放棄してきた”父親”という立場に戸惑いながらも、お得意のいい加減さは治りません。しかし、そのテキトー加減が何故か不思議と良い方向にまわり、子供達を取り巻く様々なトラブルを解決していきます。

普通だと、オトコの子育てを通して成長していくはずのダメダメおやじですが、基本的に成長も反省もありません。しかし、オトコの子育てでは、この憎めない適当な性格が世間の常識を打ちこわし、子供達を救い成長させていくのです。価値観の多様化で子育ての方向性を見失いがちな今、このオトコの子育てのように、既存の常識を乗り越えて子供達と接することが必要なのかもしれません。そんなことを、真剣に考えさせられるドラマ「オトコの子育て」です。

「新しい子育ての方向」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。